農業を体験しながら宿泊する農泊とは

農業体験と宿泊を一緒に楽しむ魅力

>

農山漁村で過ごすことの醍醐味

都会を離れ自然と戯れる

農山漁村地ではコンビニもなく、夜ともなれば商店もみな閉まってしまい、街灯もまばら、ということも少なくありません。
ですが、それこれが、古き良き日本の姿だったりします。
そんな地域での魅力は何と言っても周りを取り囲む大自然。
農泊を経験すれば、都会での仕事のストレスから解放されることでしょう。
大自然の中で育った食材を、参加者自ら収穫し、味わうということは、農業や作物に対しての見方が変わります。
特にお子さんには、食材が食卓に料理として並ぶまでの苦労やありがたみを感じてもらえる機会にもなります。
自分の手で収穫した作物なら、苦手な食材でも口にすることができる、なんてこともあるようです。
好き嫌いを治すことにもつながるのかもしれません。
家族連れでの参加される方が多いのは、こういった魅力も一役買っているようです。

予約するには

農林水産省が発表している施設だけでも500件以上と、多くの農泊施設が存在します。
実際に農泊を体験するためにはどのような方法を取ればよいのでしょうか。
通常の旅行と同様に大手予約サイトでの取り扱いもありますが、農泊専門のポータルサイトも便利です。
どんな農泊体験をしてみたいのか、旅行に参加するメンバーであらかじめ決めておくと、満足度の高いプランに申し込むことができます。
なかには各施設のコラムを定期的に配信しているサイトもあるので、様々なサイトをブックマークしておけば、お出かけ場所選びに役立つことでしょう。
他にも、アクティビティの専門サイトからも予約することができ、農泊は新たなツアーの1つとして大々的に広がっています。


この記事をシェアする
TOPへ戻る